プラハの地下鉄

プラハの観光情報、地下鉄の乗り方などもあるのでどうぞご覧ください。

プラハの地下鉄状況

プラハ自体それほど大きくありませんので地下鉄は3線しかありません。赤い線、黄色い線、緑の線だけです。乗り換えなどはとても簡単ですし、また日本の東京ような朝のラッシュはありません。

プラハの地下鉄の乗り方

地下鉄の乗り方は、改札口のあたりに切符を買える自動販売機がありますので、そこでコルナで購入です。切符の選び方なんですが、プラハの地下鉄は行き先ではなく、切符の有効時間で選ぶということがポイントです。1日有効な切符、半日有効な切符など何種類か選ぶ事ができます。ちょっと日本人には慣れていない買い方なので注意が必要ですが、値段は断然安く、この切符は他の交通手段のバス、路面電車などでも有効です。

プラハ地下鉄の検査員

プラハの全般の交通機関の特徴として、切符を買わずとも地下鉄、バスなどに乗車できてしまう点です。何故、そういったシステムかは分かりませんが、代わりに切符の有無を確認する検査員がいるので地下鉄などに乗っていると突然切符を見せてくださいと訊かれますので注意が必要です。もし、切符がない場合は罰金をとられます。罰金の額は日本円で約6千円ぐらいしますので、必ず切符は買いましょう。

プラハ旅行を考えている方へ

もし、チェコ旅行を一週間ぐらい予定しているのであれば、だいたい5日で3千円ぐらいのお得な切符もあります。プラハでバス、地下鉄、路面電車などの交通手段を利用できますのでそういったものを利用するのがいいかもしれません。

プラハで交通手段を利用する上で

プラハ市内で交通機関を利用する場合、地下鉄なら改札口で、バス、路面電車なら乗車後必ず、切符に利用開始時間を記録する機械があるのでそこに切符を入れてください。これは、一枚の切符を初めて利用するのみで結構です。後は、切符の有効時間が切れるまで保存しておくことを忘れずに。

プラハ地下鉄のデザイン

プラハの地下鉄の中は、駅にもよりますが、シンプルなデザインで便利性もあります。口コミなどでもプラハの地下鉄は紹介されていますよね。車両に関しては、残念ながら落書きなどがありますが、車両にはスペースがありますし、快適でもあります。チェコでは、犬や自転車などの持ち込みも可能で、よくペットをつれた方を見かけます。有名な場所を巡るのもいいですが、地下鉄に乗って、普段観光ではいかない場所に行くのもいいかもしれません。例えば、ビシェフラッドと呼ばれる眺めが綺麗な場所があるのですが、日本人の観光客の方はあまり訪れません。中心街からも地下鉄で近いですし、穴場かもしれません。

プラハ地下鉄の風景

プラハに限らず、チェコでは地下鉄、バスなどに高齢の方、体が不自由な方が乗ってくると、みなさん進んで席を譲るのをよく見かけます。プラハの地下鉄はそれほど危険を感じることはありません。もちろん、自分の身の回りのものには注意が必要ですが。財布などの大切な貴重品はバックなり、前ポケットに入れるようにしたほうがいいかと思われます。