社会福祉士の需要

社会福祉士の需要、求人、試験の概要、合格率、講座の情報などを紹介していますのでご覧ください。

社会福祉士試験

社会福祉士の需要は近年上昇傾向にあります。社会福祉士の試験は毎年行われていて人気国家資格の一つに挙げられています。難易度は難関資格の部類に挙げられていますので社会福祉士合格を目指すには、十分な対策が必要です。

社会福祉士の仕事

社会福祉士の仕事は、体の不自由な方や、生活状況上、福祉サービスを必要としている方のために、相談したり、援助したりするための国家資格です。社会福祉士の数は現状では足りていないので、これからも需要は増えていくでしょう。

社会福祉士の試験概要

社会福祉士には、受験資格がもうけられています。簡単に説明すると、大学にて必要な科目を履修した方、短大で必要な科目を履修後、相談援助実務を経験した方、養成施設を卒業した方など、経験、学歴等により違いがでてきますので、社会福祉士を受験される際には、必ず事前に確認することを忘れないようにすることが、大切です。合格率は平均して約28から29パーセントです。ただ、試験内容は大変広範囲から出題されるので、独学で合格する方もいらっしゃいますが、どちらにせよ、事前に講座や教科書で十分な対策をとることが求められます。

社会福祉のニーズ

社会福祉は、これから需要が多く求められる分野であり、それにともなって、社会福祉を専門に学んだスペシャリストである社会福祉士の需要も上昇中です。現在においても、数が足りていません。

社会福祉士の求人

社会福祉士はたいていソーシャルワーカーや、相談員、生活指導員などの形で教育機関、行政機関、シルバー産業界などに就職、転職をします。かなり広範囲で働くことができる資格でもあるので、人気も上がっています。

社会福祉の専門家

実は、資格がない場合でも、ケースワーカー、ソーシャルワーカーとして働くことは可能なんです。しかし、資格取得を求められることが多くなっていることもあり、社会福祉の専門家としての資格取得が必要になっています。

資格取得を目指す前に

就職、転職に有利だからというだけの理由で資格を取得することは悪いとは言えませんが、自分が何をしたいのか、どんな仕事をしたいのかを知る事が必要です。せっかく勉強し、資格をとってもその仕事が気に入らなかったらどうしようもありません。本当に自分が興味のある分野、仕事を見つけることが大切ですなので、資格取得を目指す場合、どういったことができるのか、どういったことができないのかを確認することをオススメします。