婚約の挨拶

婚約の挨拶の仕方などの情報を随時更新していますのでどうぞご覧ください。

結婚の前に婚約の挨拶

お互いに結婚することを決めてまず一番最初にしなければいけないこと。それは、双方のご両親へのご挨拶です。結婚するということは、両家との親族付き合いの始まりでもあるので、きちんと挨拶にお伺いし両家の婚約の合意を得ることが大切ですよね。

婚約挨拶とは

婚約の挨拶は、お互いが結婚することを決めてからまず双方のご両親に婚約の報告とご両親の了解を得る上でとても大切です。ご両親の家へ伺う前には身だしなみ、事前の挨拶の日程などを決めておくことがマナーです。

婚約報告の前に

婚約の挨拶へ伺う前に、まずお互いの両親に自分の花婿、花嫁について話しておく事が大切です。いきなり、ご両親の前に行って婚約をしますと報告してもやはり、ご両親はとまどうかもしれません。結婚するということは、もちろんお互いの気持ちが一番大切ですが、また両家の親族関係が始まることでもありますよね。ですから、きちんと双方の両親の婚約の承諾を得て、結婚式、披露宴の準備をすすめることができます。一生に一度の結婚式はたくさんの方に祝っていただくためにも、きちんとした挨拶のマナー、礼儀を事前に確認しましょう。

婚約挨拶マナー1

婚約の挨拶へ伺うときは、スーツなど正装を着用しましょう。最低限の身だしなみは大切です。また、挨拶へ伺う日程は必ず事前に両親の都合がよい日時を選び、なにかお土産を持参していく事をおすすめします。

婚約挨拶マナー2

双方のご両親に初めて挨拶に伺うのは、大変緊張することですし、不安でもあります。でも、それは両親も緊張しています。ですので、あまり緊張しすぎても逆効果なので、前もって両親の趣味などの話を婚約者から聞いて話題作りをしておくことも大切ですよ。

挨拶で断られても

婚約の挨拶へ伺って、もし婚約を断られた場合でも冷静になって、とりあえずその日は帰りまた次の機会にご挨拶に行きましょう。やはり、それぞれのご両親には、それぞれの考えがあるでしょうから、スムーズに婚約の了解を得られない場合もあります。そういった場合でも、焦らず時間をかけて両親の了解を得られるよう誠意を尽くしましょう。

結婚を決めたら

やはり、結婚は本人同士だけでなく、両親にとっても大切なイベントです。自分の子供の幸せを思う気持ちは親として当然のことですので、多少神経質になる場合もあります。もちろん本人同士の気持ちが一番重要ですが、結婚を決めたらまず、それぞれのご両親へ婚約の挨拶をし、承諾を得ることも結婚を考える上で大切です。