シュンゲン協定

シュンゲン協定に加盟しているヨーロッパの国への留学、シェンゲン協定とビザ取得法、留学に必要な手続きなどを紹介しています。

シェンゲン協定加盟国への留学費用

ヨーロッパへの留学を考える場合、国により留学費の額は変わってきます。場所にもよりますが、最低でも一年間で50万円はかかります。また、留学業者を通す場合手数料がかかるので事前に情報を調べることが必要です。また、シェンゲン協定加盟国によっても必要な書類、手続きが違ってきます。

シュンゲン協定とは

シュンゲン協定は、EU加盟国間で結ばれました。ヨーロッパでは国境を越える事が頻繁にあるので、出入国を便利にするため国境での検問を廃止するという協定です。シュンゲン協定加盟国の移動は国内移動と同じく扱われる事になり、入出時のパスポートチェックなどが簡素になりました。

シュンゲン協定とビザ

例えば、シュンゲン協定が締結される前に観光ビザで滞在していた日本人は、3ヶ月ごとに近くの国へ出国しまた入国すれば、また3ヶ月の滞在権を取得できていましたが、シェンゲン協定施行後は、こういったケースでは滞在できなくなりました。シュンゲン協定では、基本的に6ヶ月内90日という原則があります。つまり、解決策としてきちんとしたビザを取得するか、まだシュンゲン協定に加盟していない国へ出国し、シュンゲン加盟国へ再入国する場合、最初の入国日から6ヶ月が経過していないと入国できないということです。シュンゲン加盟国の移動はスムーズになった一方、こういった影響がみられます。またシェンゲン加盟国の中でも例外等がありますので留学する前に現地の情報をきちんと確認する事が大切です。

シュンゲン加盟国への留学

ヨーロッパ留学、シェンゲン加盟国への留学を考えている方はまずその国に留学するために必要な情報、書類を取得することが必要です。業者を通しても可能ですが、自分で調べるのも勉強になります。

シュンゲン加盟国への留学にあたり

留学するにあたり、やはり気になるのは留学費用です。留学方法によって費用も変わってきますが、日本の大学で学んでらっしゃる方は国費留学という方法もあるので、それらを利用しない手はありません。

留学斡旋業者

ヨーロッパ留学に限らず、留学を考えている場合業者を通してビザ等を取得する方法がありますが、その場合気を付けなければいけないのは、業者が取る手数料の値段です。実は自分で留学の準備をする場合結構安く済んだりもするので、やれることは自分でやってみることも必要だと思います。

シュンゲン加盟国への留学をする前に

ビザの種類としては、観光ビザ、学生ビザ、労働ビザ、結婚し永住権を得るなどいろいろありますが、観光ビザを除き、ビザを取得するまでは何かと辛抱が必要です。シュンゲン協定加盟国でも、国により提出する書類も違ってきますので直接大使館に問い合わせたり、その国の情報を発信しているサイトを常に確認する事が重要です。いい留学にするためにも事前準備が鍵をにぎっています。