海外用炊飯ジャー

海外で使える海外用炊飯ジャー、また他の電化製品、変圧器などを紹介していますので是非ご覧ください。

海外用炊飯ジャーの価格

海外用炊飯ジャーを買う場合、米を炊ける分量や機能により値段もだいぶ違ってきます。コンパクトサイズで3合炊ける海外用の炊飯ジャーですと、9千円ぐらいで買う事ができますので、インターネット等で調べるのが一番早いでしょう。

炊飯ジャーを海外で

炊飯ジャーなどヨーロッパなどでは売られている場所はあるでしょうが、なかなか手に入れることは難しいでしょう。ですから、日本で海外用の炊飯ジャーを買い現地に持っていく、または送ってもらうのが一番の最良かと思われます。

海外で使用できない電化製品

日本で使われている電圧は、海外の電圧とは違うので日本で使っている電化製品を持って行っても使用することはできません。ただ、パソコン等のそれほど大きくない電化製品を使う場合は、日本で変圧器を買っていくことをオススメします。またその場合、国によってプラグの形も変わってきますのでその辺は事前に調べておく事が大切です。残念ながら炊飯ジャーを変圧器を使用とすればうん万円もする変圧器が必要になってきますので日本で海外用のものを買っていくことをおすすめします。

海外用電化製品

現在では海外用の電化製品が販売されています。例えば、電気カミソリやドライヤーなど。電圧を切り替える機能がついていますのでとても便利ですし、値段もそれほど高くないので近くの電気屋さんで聞いてみるのもいいかも。

海外用電化製品とプラグ

ただ、そう行った電気製品を買う場合、プラグも買う必要があります。プラグの形はそれぞれの国によって違うのでインターネット等で調べで適応するプラグを買う必要があります。プラグの値段は非常に安く200円ぐらいと思っていいでしょう。

海外用炊飯ジャーの必要性

留学や転勤で海外に住む方の一番の悩みはやはり食事でしょう。ヨーロッパの料理が大好きな人もやはり日本食、特にお米が恋しくなるのは当然です。鍋などで米を炊く方もいますが、やはり上手く炊けなかったり、時間の浪費にもなりますので、海外用炊飯ジャーを使用したほうが断然お得です。

海外用炊飯ジャーとお米

海外用の炊飯ジャーをもっていても海外で米はあるの?という方。心配はいりません。スーパーマーケットで売られています。ただ、日本の米に比べると少し味は落ちますがそこは我慢。もし、我慢できない方は日本食が売られているお店でかなり値段は高くつきますが、日本米を買う事ができます。個人的には、オーストラリア米をオススメします。味も形も日本米に似てるので炊飯ジャーを使えばそれほど違いは感じません。