色打ち掛けと和装

色打ち掛けのレンタル、結婚披露宴での作法、髪型など和装で結婚式を挙げたい方のためのウエディング情報を紹介していますのでどうぞご覧ください。

内掛け?

色打ち掛けを検索する場合、色内掛けや色打掛けとも検索されているようですが、全体的には打ち掛けで書かれたサイトが一番多いようです。知られているようで、知られていない打ち掛けの意味や種類などを紹介していきます。

色打ち掛けの意味

色打ち掛けは、和装で結婚式を挙げるときに花嫁が着る着物の一つです。実は、この色打ち掛けは和装では一番価値の高い着物とされているんだそうです。他に有名なのが白無垢だったり、引き振袖がありますよね。

色打ち掛けの見栄え

色打ち掛けは、和装で結婚式を挙げたい方、仏前挙式や神前挙式などでは大変人気のある着物のタイプです。白無垢ですと全身を白の帯、小物で揃えますが(これは身の清らかさをあらわしています。)色打ち掛けの場合は対照的で、大変豪華に華やかな色や模様のある内掛けで揃えられています。柄、種類なども多くあり和装で披露宴を挙げたい方のために色打ち掛けのレンタル屋さんもたくさんあります。また、内掛けを着る場合の髪型としてかつらを使用する場合と、洋髪で式を挙げる方などケースバイケースになっているようです。

色打ち掛けと髪型

色内掛けや白無垢を着る場合、髪型を文金高島田にして、角かくしという白い布をかぶります。文金高島田という髪型は代表的な結い方ですが、ほとんどの場合かつらを利用しているのが現状のようです。

かつらと洋髪

挙式などで色打ち掛けを着る場合、どうしてもかつらでなければいけないのかというと、そんなことはありません。洋髪で式に出る方もいらっしゃいます。色内掛けに合うよう髪型をアレンジしているメイク屋さんもあるので、一度相談するのもいいかもしれません。

一生に一度の結婚式

最近では、ウエディングドレスで洋風な結婚式を挙げる方が増えていますが、結婚式は一生に一度の機会なのでということで日本の伝統的な和装スタイルの式を挙げる方もいらっしゃいます。やっぱり日本人らしく白無垢やあざやかな色打ち掛けを着ることは女性の憧れでもあります。色打ち掛けのレンタル屋さんもたくさんあるので、一度調べてみるのもいいかもしれません。

色打ち掛けと海外デザイナー

始まりは、もともと武家などの身分が高い男性用の衣装だったのが、結婚式で花嫁にも使用されたとされています。日本和装の刺繍法などの伝統技術は、海外のデザイナーも興味をもっており中には日本の着物にインスピレーションを受け自分のデザインに取り入れたりと高く評価されています。